埼玉医科大学小児科 > 研修医・学生の皆さんへ > スタッフの1日

後期研修医の1日

(小児病棟では採血は医師施行です)


病棟

午前中は主に担当患者の検査結果など確認し、指示出しを行います。
午後は新しい入院患者の診療を行います。
毎日朝と夕方の2回、病棟医のミニカンファレンスを行い、現在の状況と今後の治療方針に関してディスカッションを行います。

外来

後期研修医は、午後来院した患者さん(通常の外来受付は11時までですが、そのご来院された方や、近医より紹介受診された方)の診療を当番制で行っています。

外勤

専攻医の2年間は、週に1回、半日勤務します。主に病棟を担当し、診療を行います。

当直

一次~三次救急まで幅広く診察し、病棟対応もします。

カンファレンス

毎週月曜日の夕方、医局会があります。
毎週火曜日の朝は、神経カンファレンス(脳波勉強会)があります。その後、小児科全体(一般小児科、小児外科、新生児科合同)のカンファレンス、夕方は腎・泌尿器のカンファレンス(症例検討や勉強会、研究についてなど)があります。
毎週木曜日の朝は、アレルギーカンファレンス(食物負荷試験の負荷量決定、抄読会など)、夕方には代謝・内分泌カンファレンス(症例検討、勉強会など)があります。
また、月2回ほど産科・新生児科・小児科合同の遺伝カンファレンスがあります。
その他、月1回放射線医の先生をお呼びした画像カンファレンスもあります。