埼玉医科大学小児科

  • 小
  • 中
  • 大

教室紹介

教室紹介

教授・運営責任者 徳山研一


 昭和48年に中山喜弘先生が初代教授として着任し、当教室は開局しました。その後前田和一教授、佐々木望教授、雨宮伸教授、大竹明教授と教室運営は引き継がれ、現在は徳山を責任者として、大竹明教授(代謝)、山内秀雄教授(神経)、菊池透教授(内分泌)、國方徹也教授(新生児)らの教授陣、ならびに秋岡祐子准教授(腎臓)らが役割分担して教室の運営に当たっています。 


 このように当教室は複数のスペシャリスト陣を擁しているため、小児内科全般をカバーすべき小児科にあって幅広い分野で専門性の高い診療・研究・教育が成されているという特徴があります。今年度、小児科専門医試験を受験した当科医師7名全員が合格という快挙を達成しましたが、このような教室の体制を反映したものと自負しています。


 診療面では地域の特性もあり近隣の小児科からの急性疾患の紹介も多いため、大学病院としては珍しく、専門性の高いrare disease のみならずRSウイルス細気管支炎などのcommon disease を診る機会も多く、小児科学全般を広く学べます。研究面では現在教室員7名が社会人大学院生で教室内外の指導責任者のもとで研究活動に励んでいます。うち1名は学位論文を提出し英国Imperial College に留学し研究を開始したところです。後期研修医の教育は教室内のみならず国際医療センターなどと連携し、小児科のすべての領域がカバーできるようなシステムで行っています。


 以上当教室の概略と現況を述べましたが、興味を持たれた方は是非ご連絡ください。

 

 

PAGE TOP