埼玉医科大学小児科

  • 小
  • 中
  • 大

募集

募集

小児科・新生児科後期研修(小児科専門医取得プログラム)

 小児科として小児病棟40床、新生児科として30床(NICU18床,GCU12床)の計70床を持つ埼玉県西部の基幹施設です。
立地条件から、救急・時間外外来を含む一次医療や実地医家からの紹介入院だけにとどまらず、高度先進医療を取り入れた三次医療まで幅広く小児医療に対応しています。また新生児科は地域周産期母子医療センターとして埼玉県全体からの新生児・母体搬送を受け入れています。したがって、大学病院にありがちな領域の偏った研修ではなく、バランスのとれた研修が可能です。また小児科での研修ではチーム制の導入により多くの患者を共有できることだけでなく、担当患者についても疾患に大きな偏りがないように配慮されています。

後期研修の3年間は以下のようなメニューを交代で研修します。
①大学病院における診療:外来診療(主に時間外と救急対応)及び病棟の研修(小児科,新生児科)を中心
②専門医療研修:隣接する姉妹病院である国際医療センター小児心臓科・小児腫瘍科,埼玉医科大学総合医療センター小児心臓科,埼玉県立小児医療センター血液・腫瘍科において一定期間の専門医療研修
③地域医療研修:秩父市立病院若しくは熊谷総合病院にて原則6ヶ月間の地域医療研修

また現在埼玉医科大学総合医療センターとの研修連携(現在当科と同様に小児科後期研修を実施している埼玉医科大学総合医療センター小児科と相互研修)についての協議を進めています.近い将来に連携プログラムが開始されれば,更に幅の広い研修が可能になると考えています.

研修に関するお問い合わせ先


 〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
 埼玉医科大学病院
 小児科講師・研修担当医長 阿部裕一

 TEL : 049-276-1218

 FAX : 049-276-1218
 E-Mail : abeyped#saitama-med.ac.jp


※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。

お手数ですが、#を@に置き換えてご利用ください。

  • 埼玉医科大学
  • 埼玉医科大学病院

PAGE TOP